色彩心理学を利用してお部屋のインテリア作り

とても不思議な力が色にはあると感じたことがありますか。色彩心理学を利用して、生活に役立つ色の使い方や色についての知識をみていきましょう。

赤系の色は暖色と呼ばれ、暖かみがあります。実際に暖かくなるのではありませんが、その色を見ると本当に暖かいと感じてしまうのですから不思議です。
ちなみに紫や緑では温度差をあまり感じないそうです。青系の色は寒色と呼ばれ、寒く感じます。

この暖色・寒色を利用して、より居心地のよい部屋作りをしましょう。
例えば、リビングルームはお客様を一番よく通す場所です。また、家族が団らんする場所でもあります。
リビングルームはみんながホッとすることができる場所にしたいものです。
この部屋は、暖かみのある暖色系を使うのがよいでしょう。ベージュ系やオフホワイトを使用するのもいいでしょう。

しかし、明るい方がいいからと言っても、真っ白な壁は控えた方がいいと思います。なぜなら白は光を反射させる色なので、たくさん使うと目が疲れてしまうからです。
また、照明は蛍光灯ではないといけないということではありませんが、あまり部屋が暗いと目が悪くなる可能性が高くなりますので、リビングにテレビを置く場合は注意してください。
リビングに関しては、この二点を守れば、快適な部屋になるでしょう。

また、カーテンやソファーはパステルトーンの暖色系にすれば、会話も弾む明るい空間となりますし、開放された気分になると思います。
マイナスイオンが出る植物を置くだけでもリラックス効果があり、安らぎの空間になるでしょう。

クッションの色をリビングの色と対照のものを選ぶと、部屋の雰囲気も引き締まりますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

色彩心理学を使うと、その時の気分で部屋の雰囲気を変えることができるのはいいと思います。
色彩心理学を上手に使い、居心地の良い部屋作りを心がけましょう。

色彩心理学を利用して癒しの寝室を

みなさんは普段、色について意識して生活していますか。
色は私たちの生活の中に自然に溶け込んでいるので、ただそこに存在しているだけのように思えますが、実際は私たちにメッセージを送っているのです。

私たちは色を上手に使うことで癒されたり、色を見てその人物の個性を知ったり、元気をもらったりします。
色の暖色・寒色を利用して、居心地の良い部屋を作りましょう。
例えば寝室は、ほとんどの人が毎日使用していると思います。
そこで、寝室は安眠をもたらし、1日の疲れを癒してくれる色がいいでしょう。

青は色彩心理学の世界では血圧を低下させ、神経を沈静させる色と言われていますので寝室にはいいと思います。
青色のソフトで静かなイメージは、あなたを眠りの世界に誘い込んでくれることでしょう。
青いタオルを目に当てて目をつぶるだけで、不眠症の方もかなり効果的に眠ることができるそうです。
しかし、青は体温も下げてしまうので、冷え性の人にはお勧めできないそうです。
冷え性の人はベージュ系の色が暖かみがあっていいでしょう。
色彩心理学上、神経を興奮させてしまう赤色は寝室には不向きな色と言えるでしょう。
寝室はリラックスできる空間作りが何より大事ですので、照明も明るすぎないものを選びましょう。

また、香りも心地よい眠りへ導くためには大切な要素です。
天気のいい日は布団を干すとお日様の匂いがしてとても気持ちいいですよね。
洗いたてのシーツの香りも幸せな気分にさせてくれます。
また、ラベンダーの香りを数滴シーツにたらしてあげると、よりリラックスできると思います。
色彩心理学と上手に付き合い、色と香りの効果で心地の良い眠りを楽しみましょう。

色彩心理学の大学

最近では、色彩心理学に興味を持つ人も多くなり、勉強してみたいという人も増えてきました。
インターネットで「色彩心理学」というキーワードで検索すると、カラーコーディネート、発達心理学など、色々な分野のサイトが出てきます。
色彩心理学はそのサイトの一部に記述されていることが多いようです。
サイトの大多数は色の調査結果、どんな色があなたに似合うのかという診断、生物学などを含んだ色彩学の基礎理論が中心で、学問としての心理学とは違っていることが多いそうです。
しかし、色彩が心に影響するといっても、その経緯はとても複雑で、象徴性もイメージも固定しずらく、色彩心理学上でも実証するのが難しいのです。

また、大学のカリキュラムには発達心理学はありますが、色彩心理学は同等な位置づけとしてはありません。
しかし、色彩心理学の専門学校はいくつかあります。
今の段階で、色彩心理学を学びたいという人は、大学よりも専門学校の方が詳しく学ぶことができるでしょう。
それに、色彩心理学の資格を日本色彩心理学研究所というところで作ったそうですし、認知に向って動き出しているのは確かでしょう。
人の心と関係を探る新しい分野が登場しているので、今後、色彩心理学が確立される可能性は十分あると考えられます。
しかし、本格的な研究が始まってから十数年しか経過していないので、認知されるまでには長い年月が必要でしょう。

いつか色彩心理学が認知されて、大学でも専門学校でも、多くの人が学びやすい環境になることを祈るばかりです。

色彩心理学に基づいたピンクの特性

女性ならピンクが好きという女性も多いのではないでしょうか。
ピンクを見るとはしゃぎたくなるような、ウキウキ・ワクワクしそうな幸せな色というイメージがあります。
色彩心理学に基づいて、ピンクにはどのような効果や特性があるのか説明しましょう。

どんな色でも、色彩心理学的に良い面と悪い面の影響を与えるものですが、ピンクに関して言えば、マイナスの面が少ないというのが特徴のようです。

例えば赤の場合は、積極的にさせることができるといういい面があるのに対し、攻撃的になってしまうという悪い面があります。
青の場合は、冷静沈着になれるという良い面に対し、無機質で冷やかな感じになってしまうという悪い面もあります。
ピンクにはそういう副作用のような効果は少なく、平和主義や幸せを象徴する色とされています。
基本的には、人に幸福感を与えるように作用しているそうです。

それと同時に、ピンクは癒しの色、恋愛の色とされていて、恋人同士には最も適した色と言えるでしょう。
恋をすると、ピンクの小物や洋服を身につけたくなるという経験は女性ならあるのではないでしょうか。
また、争いごとを回避させてくれる効果もあるようで、目標に向かって勢いがつきすぎて、周囲に対する思いやりが欠けてしまっていると感じた時や、相手に対して攻撃的になってしまっている時にはピンクを取り入れてみましょう。
そうすることで、優しい気持ちで周りを見渡すことができるようになるでしょう。


また、ピンクは卵巣ホルモンに働きかけて、ホルモンを分泌させ、脳に刺激を与えるのだそうです。
健忘症などのいわゆるボケ防止にも、脳を刺激するという面では役に立つのではないでしょうか。
ピンクに色づけされた食品を見ると口の中が甘く感じたりするのはその効果が表れているからだそうです。
愛情が欲しくなったり、ロマンチックな気分になったりする効果も促します。
ピンクには交感神経を刺激して脳に血液を送るという効果もあるので、疲労の緩和や痛みの軽減、老化予防にも役に立ちます。

色彩心理学を学んで、上手にお部屋のインテリアやファッションに取り入れると、よりよい生活が送れることでしょう。

色彩心理学の類型論と待性論

パーソナリティの研究は、人間を理解するために色々なことを行われてきました。分類方法の代表的なものには待性論と類型論があるそうです。

待性論は特徴の強弱で個人の全体を捉えることができる方法で、類型論は特徴となる典型的な要素をあげて、数種類のパターンに分ける方法です。

待性論は多くの質問をされ、その人のプロフィールを完成することができるY-G性格検査などが周知されていると思います。

類型論は内向性・外向性を基に8個のタイプに分けたC.Gユングと、性格と体型に一定の関連があることを見出して、その性格特徴と気質で分類したE.クレチマーなどのタイプ論があります。

音楽にもこれと似た原理があるそうで、その人のパーソナリティと同質の色彩を好むことが色彩心理学のテストですから、両者のどちらかには当てはまると思われていったのですが、1つ1つの色について分類することは非常に難しいことだそうです。

ドイツのイエンシュによって生み出された類型論は、色の性格がはっきりとしている赤と青については、分析結果は他の研究とも当てはまりやすいそうです。
しかしその他の色になると、ちょっとした個人差で微調整が難しくて特定のパターンに強引に当てはめることになってしまうので、色のイメージを確定させるのは難しいです。

人格と色の好みについてアメリカの色彩学者達が説明していますが、一般的な話で、色の好みが参考にされているだけで、心理療法やカウンセリングに使用されることはないそうです。
色の性格検査で当てはまる部分はあっても、当たっている部分があったり、そうでなかったりと占いのようなレベルになってしまうのはその為なのではないでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。