色彩心理学と色の三属性の関係

色彩心理学というのは色を使った心理学であるというのは、皆さんもご存知なのではないでしょうか。
色彩心理学を学びたいという方も少なくないと思います。
しかし、色彩心理学を学ぶ前に、配色・色の名前・トーンはもちろん、色の三属性も学んでほしいものです。

色の三属性とは、彩度・色相・明度のことを表わすそうです。

彩度とは、色みの強さ、色の鮮やかさ、または飽和度のことを表わすそうです。
色みの強さによって尺度化されており、色相によってそれぞれ彩度が異なります。

明度とは、色の明るさの度合いを表すもので、黒色?灰色?白色の系列を感覚的に等しく分割し、明るさの尺度として言うそうです。
明度の特徴は、無彩色・有彩色の両方が持っている属性で、箱の内側に黒のビロードを貼って穴を開け、その穴から覗くと、実在する物質の中で一番明度が低い黒を見ることができるそうです。この箱はキルヒホップの暗箱と呼ばれています。

色相とは、色合い、または赤・黄・青などの色みの事を表し、有彩色のみがもつ属性だそうです。
また、中心に対して色相環の反対に位置する色同志を混合して、色みの無い色になる色を補色と言い、色相を循環的に配列すると色相環になります。
黒や赤などの刺激の強い色を見て、白いものに目を移すと薄い補色の色が見えた経験はありませんか。これを残像と言います。
残像になる補色を整理補色・心理補色などと言い、混合して無彩色になる補色の関係を物理補色と言います。

色の三属性を覚えて記号化すると、配色・色の名前・トーンもスムーズに覚えることができるので、色彩心理学を学ぶのに非常に便利なものとなるでしょう。

色彩心理学の色による心理

色は私たちの感情を明確に表現してくれるものといって良いと思います。
時代の差がない人間や、複数に絡み合う民族にとって重要な色の赤、求心力のある青、安全や自然、生命力の象徴の色である緑、地域によって異なるイメージがある黄色など、多くの色があります。

その多くは、生活環境、自然環境に強い刺激を受けています。
例えば、好きな色や嫌いな色、何気なく選んだ洋服がその人の現在状況や心理状態、子どもの頃の傷など、多くのことが大人・子ども関係なく診断することが可能です。
また、色を生活の中で取り入れることにより、その人の性格や生活態度が変わったり、ダイエットに効果のある色もあるそうです。
最近では、お店や部屋のインテリアに色彩心理学を取り入れたり、食品や商品や料理などに取り入れられることも増えてきました。

色は民族や文化を超越した、人類に共通する文化的なイメージ、普遍的なイメージなどで人の心を動かしています。
色は私たちの生活から切り離すことができない非常に重要な存在です。

しかし、色にもプラスの面とマイナスの面も当然ながらありますので、色の持つ感情を理解しながら色を素敵に取り入れ、あなたらしく上手に付き合うのも楽しいでしょう。

しかし、色彩心理学はまだ認知されていないので、このように色彩による心理が沢山あるにも関わらず、国家資格はありません。
そうはいっても色彩心理学は人の心との関係を探ることで新たな分野がそれぞれに登場しているので、今後確立される可能性は期待できると思います。

色彩心理学のお勧め本

色彩心理学はだんだん存在を知られるようになってきましたが、未だに認知されていない学問です。
しかし、色彩心理学に興味を持つ人や色彩心理学に詳しく研究したいと思っているカラーコーディネーターや研究者も増えています。
色彩心理学を興味を持っていて、勉強しないと思っている方はお勧めの本を紹介します。

色彩心理学をまだよく知らないという方には「初めて読む色彩心理学」がお勧めだと思います。
初めて読む色彩心理学は色の名前や基礎などから始まり、コーディネートやお洒落のコツ、また色彩
心理をいかしたイメージ作りまで、判りやすくカラーで説明されているのがうれしいです。
色彩心理学の事が学べるのは勿論、お洒落や自分に合った色まで判るので、楽しく読めます。

また、「よくわかる色彩心理」もお勧めです。
この本は、1つ1つテーマに沿ってわかり易く教えてくれます。また、色についても2ページを使って詳しく、そして面白く書かれているので、楽しく読むことができると思います。
心理学と色彩学の基本から、色が感覚に与える影響、色をつかった芸術療法や心理テスト、色の歴史と各色のイメージ、衣食住など日常の中の色、色を感じるしくみまで、
色彩と心理の関わりなど、文章と図版で幅広く、そしてわかり易く説明しています。
「色の効果」の不思議さを体感しながら、心理と色彩の関わりについて理解を深めてみるといいでしょう。

近くの書店でこれらの本が売っていない場合は、インターネットを利用して購入するといいでしょう。
その方が確実に手に入れることができますし、中古本でもいいという場合は安く購入することもできます。

色彩心理学の心への影響

気になる色、好きな色、嫌いな色、なぜかよく目が行ってしまう色というのは誰にでもあると思います。
色は私たちに様々な影響を及ぼしているそうです。

シーツやカーペットの色を変えただけで気分ががらりと変わったという経験はありませんか。
色には気分以外にも、実際に身体まで変化させる力があるらしいです。
それを教えてくれる学問が色彩心理学です。

例えば、赤い色を見ると血圧が上がったり、脈拍数が増加します。また、青い色を見た場合はその逆で、血圧が下がり、脈拍数が減少するという変化が起こります。
この変化は、目を閉じたままの状態でも同じだそうです。
一部では医学でも色の持つ効果は取り入れられているそうです。
実際に高血圧の患者に青いパジャマを着せたり、不眠症の患者を青い部屋に入れて眠らせたりと治療効果をあげています。

武田信玄が人の気持ちや感覚を色によって変化させた話があります。
戦国時代、武田信玄率いる騎馬軍団は、「赤備え部隊」として恐れられていました。
川中島の決戦の際に、軍旗はもちろん、装束もすべてを真紅に染め上げて川中島の決戦に臨み、上杉軍を苦しめたという言い伝えがあります。
色彩心理学的に考えると、赤は戦場となる緑の草原では強烈なインパクトを与えます。
しかも赤は膨張色でもあるので、実際よりも兵士の数が多く見えたのではないでしょうか。
また、赤は血の色と同じなので、兵士が負傷した場合でもその箇所が目立ちづらく、戦意を喪失することを妨げることができたのではないかと考えられます。

このように、色彩は肉体や気分、相手の気持ちをも変化させてしまう魔法のような魅力があります。
色彩心理学を学ぶと、皆さんも色のとりこになってしまうかもしれません。

色彩心理学で長生きできる

「画家は一般の人より長生きをする傾向がある。」このことをある時、色彩心理学の研究者が気付きました。
歴史上有名な画家の寿命を見てみても、ミロは90歳、ピカソは92歳、シャガールは98歳、ムンクが81歳となっています。日本の画家も、平均寿命が50歳代だった時に、歌川国貞は78歳、葛飾北斎は88歳まで生きたことが判明し、とても長生きをしたということが分かると思います。

これは偶然と言ってしまえばそれまでかもしれません。しかし、表にしてみると明らかな違いが出てきたそうです。
例えば、子どもは多少具合が悪くても、絵を描いているうちに元気になるという子が多いそうです。
絵を使って言葉では言えない気持ちを表すことで癒され、気持ちが再生されるのではないかと考えられているそうです。
現代社会はストレスが多いと言われています。皆さんも色彩心理学を使って、ストレスを感じた時に、気になった色で絵を描くと、気持ちがリフレッシュされるかもしれません。

では、日本人が好きなインテリアカラーは一体何でしょうか。
日本人の約4割が茶色系を好むとされています。次いで多いのは白の2割だそうです。
熱帯地方にある国では赤やオレンジ系が好まれますし、寒冷地帯にある国では緑や青系が好まれるのだそうです。
これは自然環境や、そこに住む人々の肌の色や瞳、髪の色も感覚に影響を与えていると考えられるでしょう。
これを考えると、温帯地方に住む日本人が、自分の肌の色に近い中間色を好むのもうなずけます。
畳の色やヒノキの色なども、日本人が最も安心感を抱く色だと言えるのではないでしょうか。
実験でも、筋肉の緊張感をほぐして弛緩させる働きがベージュ系にはあると証明されており、忙しい日本人にとってはリラックスできる色と言えるでしょう。
色彩心理学を学ぶと、こういうことも分かるので、日常生活にとても役立ちますね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。