浅利篤と色彩心理学の関係

浅利篤先生は、色盲矯正教育会会長・日本児童画研究会会長を務めた方です。
色彩心理学とはかかわりのないように思われるかもしれませんが、浅利先生も発見したある診断法が色彩心理学と深い関係を持っているのです。

浅利篤先生は、東京都内の商業高校、旧制の中学校の教諭を務め、全日本科学技術団体連合会、日本出版文化協会、日本美術工芸統制会を経て、一師団一連隊四軍司令部の軍歴があるそうです。
独立美術展第1回展に入選し、申請美術展や美術文化展の創立委員でもありました。
美術創作の科学的理解を目的にして、作品の心理生理的意味を発見し、色盲矯正法や心理診断法を創案したそうです。
日本著作権協議会会友でもあり、1973年に小岩井小学校を退職、1999年に逝去されました。

浅利児童画診断法とは、色彩、構図、形態の三つの標識を駆使して、絵から子どもの性格、家庭環境、心理、健康状態などを理解することを可能にしたものです。
1951年に浅利篤先生によって、子供の絵に表れる紫色で、その子どものけがや病気、けがの身体上の位置や病名まで知ることができるという驚くべき事実が発見されたそうです。

この発見以外でも、「色」を二色、三色などの組み合わせた色彩の生理的、心理的解明にも至って、血液異常時の色の組み合わせ、ガンカラー等、色彩心理学以外では医学的にも興味深い発見も含まれているそうです。

また、チューリップや太陽などの「形」が、母親や父親のシンボルであることなども発見されています。

色彩心理学に基づいた色の性質

色彩心理学は、今の心理状態を自分の気になる色の性質かよって判ることができるそうです。
あなたは今、何色が気になりますか?色彩心理学に基づいて、思いついた色の性質を知り、分析をしてみましょう。

赤を選んだ人は全般的にやる気が出ている時です。
何か困難なことをやらなければならない時や、新しいことに挑戦するときに有効な色です。

青を選んだ人は自分の感情を上手にコントロールすることができる理性的な時です。
安らいでいて、心身共に疲れていない状態といえるでしょう。
しかし理性的になりすぎてしまい、本音を正直に言うことができなかったり、納得いかないことは許せないことがあるので、ストレスがたまってしまうかもしれません。

黒を選んだ人は、威厳を保ちたい、周りから強く見られたいと思っている時です。
内に秘めた弱さは人に見せたくないという気持ちがあるようです。

白を選んだ人は潔癖性や強い誠実さを求めている状態で、素直で明るい心の状態のようです。
しかし、困難なことに立ち向かおうとせず、自分の思ったことを言わない時もあります。

黄色を選んだ人は新しいアイディアを考えたり、交際を広げたりするのにいい時期です。
しかし、面倒なことは回避したいという逃避的な面もあります。

緑を選んだ人は何事も平和的に解決できる状態の時であると同時に、心の充足感が欲しい時でもあります。また、体が疲れている時に緑が気になることがあるので、疲れた時は休息をとるようにしましょう。

オレンジを選んだ人は社交的で、強い人間関係を結びたい気持ちが強い時です。
久しぶりに友人などと連絡を取り、人間関係を取り戻すにはいい時期ですが、おせっかいにならないように注意しましょう。

紫を選んだ人は、芸術や神秘的なことに惹かれる、感受性が豊かな時です。
直感も鋭くなっていて、自分の新たな才能を開花できるかも知れませんが、協調性に欠ける時期でもあるます。

ピンクを選んだ人は、穏やかな気持ちで他人に気配りができる、生命力と愛情にあふれている時です。
その反面で、自分もやさしくしてもらったり、甘えたりしたい欲求が強いようです。

茶色を選んだ人は、長期的な計画を立てるのにいい時期のようです。
物事を堅実にとらえられますが、堅実的すぎて地味になったり、孤独になってしまうこともあります。

グレーを選んだ人は、少し神経質になっていて、消極的になっている時のようです。
その反面で自分の欲求を抑えて、何事も受け入れられる忍耐力が備わっている時期なので、我慢しすぎないように心がけましょう。

このように、色彩心理学では色の性質によって色々なことが分かるので、ファッションや部屋の模様替えをするときなどに参考にしてみてはいかがでしょうか。

子どもの心が判る色彩心理学

好きな色と嫌いな色というのは誰にでもあると思います。
青が好きという人や黄色が好きなど、こだわりの色というものは人それぞれでしょう。
しかし、人間が好きな色に対する意識やこだわりを追っていくと、小さいときに受けた心の傷に結びつくケースが多いそうです。
色彩心理学は、そういうことも判ることができます。


例えば男の子が好きな青は、絵の中では特定のものに執着しすぎたり、過剰反応してしまう色と考えられます。
圧迫した心を表わすことが多いそうなので、子どもが青を多く使うようになったら注意が必要ですが、男の子の好む色なので、その点はある程度考慮したほうがいいようです。
赤などが目立つ絵は、極度のストレスや、緊張、興奮を表わしています。
幼児期に赤を多く使う場合は、子どもがストレスを感じているのかもしれません。

心の傷というと大げさに聞こえるかもしれませんが、自分の体験が無意識のうちに色で放出されているのに気付けば、新しい自分を発見できたり、傷を癒すことができるきっかけとなります。

色の配色と親子関係も深く関係しています。
黒と赤の場合は抑圧する黒に、お母さんの体内を表わす赤を配色することで、お母さんとの愛情の行き違いがあることを表わしています。
緑と黄色の場合は、プラスの傾向が強い配色なので成長時期の過渡期に使われやすい色の組み合わせと考えておけば間違いないでしょう。

幼児期の子どもの問題は母親が原因の80%と言われています。幼児期には両親と友好的な関係を保つのが大切なのだそうです。
家事や仕事など、育児以外にもたくさんやることを抱えているので、子供の発している信号を全てキャッチするのは難しいかもしれませんが、子どもを安心させるには、小さな信号を見逃さないように心がけることが大切です。
色彩心理学を学んでおくと、こういう小さな信号も見つけやすいと思いますので、色彩心理学の関連本を一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

色彩心理学の身体への影響

人の心ノ働き、つまり精神、情動活動や喜怒哀楽などの感情、意と色彩の間には、私たちが考えているよりもはるかに強く色と複雑に関係しているそうです。
それは心理だけではなく、生理的、身体的な変化をも確実にもたらしているのです。
今日、何気なく選んだ服は何色でしたか。
色彩心理学というのは、色が心に与える影響なのです。色は人間の心理や身体に大きな影響を与えています。

一般的に赤・黄色・オレンジ等は暖色、青・黒・青紫等は寒色と呼ばれています。
このたった2種類の分け方だけでも私たちの生活に複雑に関係しています。
例えば家具や壁の色を暖色で統一した部屋と寒色で統一した部屋では、体感温度が約3度も変わるという実験結果が出ているそうです。
また、暖色系は脈拍数・呼吸数・血圧が高まり、自律神経統を刺激、性ホルモンの分泌を促進、筋肉緊張が増大、食欲・空腹感を抑制すると言われています。
さらに、暖色系は時間の流れが早く感じるのに対し、寒色系は時間の流れを遅く感じさせるのだそうです。
この暖色と寒色とに分けただけでも、日常生活で使えることは結構あるのではないかと思います。
色だけで身体にこんなに影響を与えているのは面白いですね。

古代では、色は薬として利用されていました。
色を使うこと、味わうこと自体が、私たちのバランスに作用して、癒しをもたらしています。
色彩心理学という言葉はなかったにしても、古代から色は重要なものだと認識されでいたのです。

ぜひ心の赴くままに色彩に身を委ねてみてください。
色彩心理学で凝った心を解きほぐして、ストレスを解消し、元気な自分を取り戻してみましょう。

色彩心理学のイメージ

色彩心理学と聞くと、あなたはどのようなイメージを持たれますか。
名前を見ただけで難しそうと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、色彩心理学というのは、カラーセラピーとほとんど変わりません。
こういうとイメージしやすいと思いますし、理解しやすくなったのではないでしょうか。

色彩が人間の心理に与える影響というのは、皆さんが思っている以上に大きいです。
たとえば青い色には鎮静作用があり、意識の集中が可能になります。
また赤い色の場合は心理的な興奮と高揚感を感じて、精神の働きが活発化するそうです。
この色彩の持つ心理効果を応用したのが「カラーコンディショニング」と呼ばれるもので、作業環境の色彩計画などに利用されます。
アメリカでは心理療法の一環として用いられ、色彩療法の専門家が患者の治療を行うそうです。

好きな色や嫌いな色といういわゆる嗜好色には、性差または個人による好みの相違も指摘されています。
一般的に男の子には青や緑、黒など男の子にふさわしい色、女の子にはピンクや赤、オレンジ等女の子らしいと考えられている色の物を両親が買い与えます。
こういう年少期の体験が、男性は青系統で低彩度の色彩を好む人が多く、女性は赤系統で高明度の色彩を好む人が多いという結果をうむのではないでしょうか。

しかし、最近では男女平等という意識が社会に高まり、女性の社会進出も相まって性差は縮小しているようです。
その影響で、子供の世界でもゲームソフトなどでは性別の差はないように思われます。
嫌いな色がある場合は、なぜ嫌いなのかを自己分析してみるといいでしょう。
普段は気づくことはないかもしれませんが、幼児期に恥ずかしい思いをしたり、親に叱られたりという嫌な経験が、服飾等の色のイメージと一緒にあるということも多いということです。

このように色彩心理学はみなさんの身近にありますし、私たちの生活に影響しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。