色彩心理学を使ったファッションの選び方

色彩心理学は、自分に欠けている部分をその色をインテリアやファッションに用いて解消させたり、好きな色や嫌いな色で性格診断をすることができます。
ここではピンク色を取り上げて、色彩心理学的にどのような効果があるか見てみましょう。

ピンクは、男性には少しインテリアやファッションに取り入れづらいのではないのでしょうか。
しかし、ローズ系の色やサーモンピンクなら、大人の男性でもファッションに取り入れやすいですし、よく似合うと思います。
一方女性は、ピンクを身につけることにあまり抵抗はなく、好意的に感じる色と言われています。
男性管理職の人がカウンセリングで、女性社員とうまくコミュニケーションがとれないという悩みを打ち明けたので、ピンクのものを身につけるように勧めたら、あまりやりとりのなかった女性社員とも会話が弾むようになったという話もあるそうです。
このように、ネクタイやハンカチなどにピンクを取り入れたり、ワイシャツをピンクにするなどして、上手にコーディネートすれば、女性とうまくコミュニケーションが取れるようになるかもしれません。

女性は、赤ちゃんの時からピンクの物を取り入れられることが多いことでしょう。
それは愛情に満たされたイメージを表現できるからだと言われています。

女性が大人になってもピンクを身につけるのは、心身ともにいつまでも美しく、若々しくあるためなのでしょう。
洋服はもちろん、小物や下着、靴やバッグなどにも上手にピンクを取り入れてみましょう。
優しげでやわらかな雰囲気のピンクもいいですが、濃いめのピンクを身につけると、色彩心理学上では成熟して洗練された大人の女性をアピールすることができるので良いのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。