色彩心理学者「末永蒼生(すえながたみお)」

末永蒼生さんという方をご存知ですか。この方は有名な色彩心理学者です。
末永蒼生さんは1999年に心理学博士号を取得しておられ、現在は多摩美術大学の非常勤講師や「アート&セラピー色彩心理協会」の会長をやっているそうです。
この他にも、株式会社ハート&カラーの代表取締役、「世界こどもクレヨン基金」共同代表、日本ホスティック医学協会会員などを務めているそうです。

末永蒼生さんは、色彩心理学実践の第一線の場で、色彩によるメンタルケアに取り組んでいらっしゃるそうです。
1960年代から美術活動をしている傍らで。色彩心理の研究を開始したそうです。
また、基礎研究のために「子どものアトリエ」を開設して、色彩心理の調査を始めました。
この実践により、自由な色彩表現がメンタルケアに役立つ上に、潜在能力も引き出すことができるというのを確認したそうです。
末永さんは15年におよぶ実践の結果から「末永ハート&カラーメソッド」を開発しました。
それらは主宰する講座「色彩学校」や各地の講演活動で伝えているそうです。

それに加えて、末永さんは阪神淡路大震災を始めとした災害や、事件等でショックを受けたり、傷ついた子どもたちの心のケアを行っています。
その一方で、高齢者施設に癒しの効果をもたらす色彩デザインを提案したり、色彩心理学を用いてメンタルケアを実践するなど幅広く活動しておられます。

現在は、アートによる心育てをテーマとした「子どものアトリエ・アートランド」の全国的なネットワーク作りに取り組んだり、東京や大阪の他各地で社会人を対象とした「色彩学校」という講座を開講しているそうです。
末永さんの著書に『答えは子どもの絵の中に』(講談社)『心を元気にする色彩セラピー』(PHP研究所)
『自分力を高める色彩心理レッスン』(ナツメ社)等、他にもたくさん出版しているので、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。