照明で色彩心理学

色彩心理学というのは人の心の働き、つまり精神、意識、情動活動や喜怒哀楽などの感情には、皆さんが考えているよりもはるかに複雑に、そして強く生活に関わってきます。
そして色彩心理学は心理だけにとどまらず、生理的、身体的な変化さえも確実にもたらしているのです。
私たちは色によって生活や心理状態に影響を受けているのです。

部屋のインテリアや照明を変えるだけでもかなり影響を及ぼします。
例えば、黄色を照明に使用すると、部屋のインテリアがより美しく際立ちます。それだけにとどまらず、家族団らんの暖かい雰囲気づくりにも役立っているそうです。
蛍光灯の青白い照明よりも黄色っぽい電球色の照明の方がゆったりと寛いだ気分を生み出す効果があるので、家族が集まる居間などの照明におすすめです。

怒っている時や、焦っている時などは青系の部屋に入るとそれらのネガティブな感情が軽減されると言われています。
このような結果から、青系の小笑みを浴びると気持ちが落ち着き、冷静になれるでしょう。
また、青は体感温度を下げる効果があるので、夏に涼しさを感じたい場合には良いそうです。
食欲を抑える効果もある色ですので、ダイエットをしている方は青系のテーブルや青白い照明を利用すると、食欲が落ちて早く痩せられるかもしれません。

ピンクには短時間で気持ちを穏やかにさせる効果があり、筋肉の緊張を緩めることができるので、毎日忙しく、睡眠時間が少ないという方は寝室をピンクで統一してみてはいかがでしょうか。

バーなどで、自分の心理状態が穏やかになったり、相手の印象が変わって見えたことはありませんか?
色彩心理学はこのように、皆さんの知らないうちに生活に深くかかわっているのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。