色彩心理学入門

色彩心理学に興味をもつ人が、最近多くなってきているそうです。
学校に行くほどではないけれど、ちょっと詳しく勉強してみたい、入門書が欲しいという方もいらっしゃると思います。
そこで、色彩心理学に興味を持つ全ての方に、大山正さんの著書「心理学入門」という一冊をご紹介します。

文書の構成は全部で十四章となっています。
色彩の研究は、ニュートンの実験から始まり、今日の色表示体系にたどりつく流れと、ゲーテの観察から始まって、色の主観的な体験の現象学につながる流れとがあり、そこにニュートンとゲーテの両者に欠けていた色覚の生理学の流れが加わっているそうです。
更に色には、分化や感情と結びつく複雑な側面もあるそうです。
この広い範囲に及んでしまう色彩の様々な問題を、主要な人物が貢献したことを紹介ながら解説しています。
現在は色彩に対する実用的な知識が要求されているので、そういったことにも応えてくれる入門書となっているそうです。

この本は一度廃刊されたようですが、復刊したようです。
近くの本屋においていない場合は、インターネットを利用すると購入しやすいでしょう。


また、知識は全然ないけれど、本格的に勉強したいという方は、通信教育で勉強してみるのはいかがでしょうか。
本を買うよりは高めになってしまいますが、その分、本を読むだけでは身に付かない知識も得ることができるでしょう。
フラワーコーディネーターやネイリスト、アロマテラピスト、美容師、住宅・建設業界、などの業界の方が受講して知識を増やせば、お客様に喜ばれることは間違いありません。
それ以外の方でも色彩心理学を勉強すると、自分を知るいいきっかけになるかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。