浅利篤と色彩心理学の関係

浅利篤先生は、色盲矯正教育会会長・日本児童画研究会会長を務めた方です。
色彩心理学とはかかわりのないように思われるかもしれませんが、浅利先生も発見したある診断法が色彩心理学と深い関係を持っているのです。

浅利篤先生は、東京都内の商業高校、旧制の中学校の教諭を務め、全日本科学技術団体連合会、日本出版文化協会、日本美術工芸統制会を経て、一師団一連隊四軍司令部の軍歴があるそうです。
独立美術展第1回展に入選し、申請美術展や美術文化展の創立委員でもありました。
美術創作の科学的理解を目的にして、作品の心理生理的意味を発見し、色盲矯正法や心理診断法を創案したそうです。
日本著作権協議会会友でもあり、1973年に小岩井小学校を退職、1999年に逝去されました。

浅利児童画診断法とは、色彩、構図、形態の三つの標識を駆使して、絵から子どもの性格、家庭環境、心理、健康状態などを理解することを可能にしたものです。
1951年に浅利篤先生によって、子供の絵に表れる紫色で、その子どものけがや病気、けがの身体上の位置や病名まで知ることができるという驚くべき事実が発見されたそうです。

この発見以外でも、「色」を二色、三色などの組み合わせた色彩の生理的、心理的解明にも至って、血液異常時の色の組み合わせ、ガンカラー等、色彩心理学以外では医学的にも興味深い発見も含まれているそうです。

また、チューリップや太陽などの「形」が、母親や父親のシンボルであることなども発見されています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。