色彩心理学の資格

最近では色彩心理学に興味を持つ人や、色彩心理学の学校に通って詳しく学びたいと思っている人が増えているそうです。
しかし、残念ながらどこを探しても色彩心理学の資格は、国家資格に認められるような資格や就職に役立つような資格は今のところないそうです。
それは、色彩への意識が低いため、また色彩が商用などに戦略的に使用される恐れがあり、色彩の本質が置き去りにされていることもひとつの原因だと考えられます。

しかし、数年前から「色彩心理学療法士」と言う資格が日本色彩心理学研究所というところで認定されました。
この資格は「色彩心理学療法を使って社会に貢献したい」という色彩心理学学習コースを修了した卒業生たちの声から生まれたそうです。
日本心理学研究所は様々な分野から色彩心理学に関する研究を行い、資格が習得出来る二年制の色彩心理学療法取得コースも心理臨床の基礎を習得して、それと同時に、色彩心理学療法における理論に基づいた実践を深めていくことができます。

資格が発足してからまだ数年しかたっていませんが、現在各教育機関や医療機関、福祉施設、地方自治体などで、色彩心理学療法士が各種心理支援活動を行っているので、その頑張りのおかげで数々の実績を残し、注目が集まってきているそうです。

色彩心理学療法士の資格が国家に認めて貰えるようになれば、色彩心理学の仕事をする人たちが少しでもクオリティの高い活動を行えるようになります。
また色彩心理学療法士が活躍出来る場が増えますし、色彩心理学に興味を持つ人もさらに多くなることでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。