色彩心理学の学問の領域

色彩心理学とは文字通り、色に関系する様々なしくみを扱う学問のことです。
その領域は幅広く、心理学、物理学、民族学、生理学、美学など少しでも色に関係していれば、全てを扱う学問と考えても良いと言われています。
特に物理学、心理学、生理学は色とは人間にとって何なのか、それはどのようにして知覚されて、どのように影響するかを探求するために非常に重要な学問なのだそうです。

例えば、生理学や心理学の領域内で説明すると、色を識別する器官である眼球やその他の器官の構造を知る必要があります。
また入力された情報を判断・整理するのが脳の役目ですので、脳の構造の働きも必要となります。
色をどのように名前をつけたかは民族学に関係しますし、さらに知覚され認知された色彩が人間の心にどのような影響を与えるかというのは、また心理学の領域になるわけです。
こうして色彩学は色々な学問に触れる必要が出てくるのだそうです。

現在の色彩心理学で大きな力を注いできた研究は、今まで生物は色をどのように整理して伝達するか、どのような使い方をしたら人間にとって役立つかといったものだそうです。
どうして色が見えるのかという事が、この理論を推進するには非常に重要な項目です。
色覚についての研究も盛んになりましたし、いくつもの仮説が生まれましたが、残念ながら未だに完結には至っていないそうです。

このように、長年にわたって色彩心理学では色についての研究は幅広いさまざまな学問との関わりの中で行われてきましたが、現在もまだ終わることはなく、継続して研究されているのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。