色彩心理学と色の三属性の関係

色彩心理学というのは色を使った心理学であるというのは、皆さんもご存知なのではないでしょうか。
色彩心理学を学びたいという方も少なくないと思います。
しかし、色彩心理学を学ぶ前に、配色・色の名前・トーンはもちろん、色の三属性も学んでほしいものです。

色の三属性とは、彩度・色相・明度のことを表わすそうです。

彩度とは、色みの強さ、色の鮮やかさ、または飽和度のことを表わすそうです。
色みの強さによって尺度化されており、色相によってそれぞれ彩度が異なります。

明度とは、色の明るさの度合いを表すもので、黒色?灰色?白色の系列を感覚的に等しく分割し、明るさの尺度として言うそうです。
明度の特徴は、無彩色・有彩色の両方が持っている属性で、箱の内側に黒のビロードを貼って穴を開け、その穴から覗くと、実在する物質の中で一番明度が低い黒を見ることができるそうです。この箱はキルヒホップの暗箱と呼ばれています。

色相とは、色合い、または赤・黄・青などの色みの事を表し、有彩色のみがもつ属性だそうです。
また、中心に対して色相環の反対に位置する色同志を混合して、色みの無い色になる色を補色と言い、色相を循環的に配列すると色相環になります。
黒や赤などの刺激の強い色を見て、白いものに目を移すと薄い補色の色が見えた経験はありませんか。これを残像と言います。
残像になる補色を整理補色・心理補色などと言い、混合して無彩色になる補色の関係を物理補色と言います。

色の三属性を覚えて記号化すると、配色・色の名前・トーンもスムーズに覚えることができるので、色彩心理学を学ぶのに非常に便利なものとなるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。