色彩心理学の色による心理

色は私たちの感情を明確に表現してくれるものといって良いと思います。
時代の差がない人間や、複数に絡み合う民族にとって重要な色の赤、求心力のある青、安全や自然、生命力の象徴の色である緑、地域によって異なるイメージがある黄色など、多くの色があります。

その多くは、生活環境、自然環境に強い刺激を受けています。
例えば、好きな色や嫌いな色、何気なく選んだ洋服がその人の現在状況や心理状態、子どもの頃の傷など、多くのことが大人・子ども関係なく診断することが可能です。
また、色を生活の中で取り入れることにより、その人の性格や生活態度が変わったり、ダイエットに効果のある色もあるそうです。
最近では、お店や部屋のインテリアに色彩心理学を取り入れたり、食品や商品や料理などに取り入れられることも増えてきました。

色は民族や文化を超越した、人類に共通する文化的なイメージ、普遍的なイメージなどで人の心を動かしています。
色は私たちの生活から切り離すことができない非常に重要な存在です。

しかし、色にもプラスの面とマイナスの面も当然ながらありますので、色の持つ感情を理解しながら色を素敵に取り入れ、あなたらしく上手に付き合うのも楽しいでしょう。

しかし、色彩心理学はまだ認知されていないので、このように色彩による心理が沢山あるにも関わらず、国家資格はありません。
そうはいっても色彩心理学は人の心との関係を探ることで新たな分野がそれぞれに登場しているので、今後確立される可能性は期待できると思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。