色彩心理学の心への影響

気になる色、好きな色、嫌いな色、なぜかよく目が行ってしまう色というのは誰にでもあると思います。
色は私たちに様々な影響を及ぼしているそうです。

シーツやカーペットの色を変えただけで気分ががらりと変わったという経験はありませんか。
色には気分以外にも、実際に身体まで変化させる力があるらしいです。
それを教えてくれる学問が色彩心理学です。

例えば、赤い色を見ると血圧が上がったり、脈拍数が増加します。また、青い色を見た場合はその逆で、血圧が下がり、脈拍数が減少するという変化が起こります。
この変化は、目を閉じたままの状態でも同じだそうです。
一部では医学でも色の持つ効果は取り入れられているそうです。
実際に高血圧の患者に青いパジャマを着せたり、不眠症の患者を青い部屋に入れて眠らせたりと治療効果をあげています。

武田信玄が人の気持ちや感覚を色によって変化させた話があります。
戦国時代、武田信玄率いる騎馬軍団は、「赤備え部隊」として恐れられていました。
川中島の決戦の際に、軍旗はもちろん、装束もすべてを真紅に染め上げて川中島の決戦に臨み、上杉軍を苦しめたという言い伝えがあります。
色彩心理学的に考えると、赤は戦場となる緑の草原では強烈なインパクトを与えます。
しかも赤は膨張色でもあるので、実際よりも兵士の数が多く見えたのではないでしょうか。
また、赤は血の色と同じなので、兵士が負傷した場合でもその箇所が目立ちづらく、戦意を喪失することを妨げることができたのではないかと考えられます。

このように、色彩は肉体や気分、相手の気持ちをも変化させてしまう魔法のような魅力があります。
色彩心理学を学ぶと、皆さんも色のとりこになってしまうかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。