色彩心理学で長生きできる

「画家は一般の人より長生きをする傾向がある。」このことをある時、色彩心理学の研究者が気付きました。
歴史上有名な画家の寿命を見てみても、ミロは90歳、ピカソは92歳、シャガールは98歳、ムンクが81歳となっています。日本の画家も、平均寿命が50歳代だった時に、歌川国貞は78歳、葛飾北斎は88歳まで生きたことが判明し、とても長生きをしたということが分かると思います。

これは偶然と言ってしまえばそれまでかもしれません。しかし、表にしてみると明らかな違いが出てきたそうです。
例えば、子どもは多少具合が悪くても、絵を描いているうちに元気になるという子が多いそうです。
絵を使って言葉では言えない気持ちを表すことで癒され、気持ちが再生されるのではないかと考えられているそうです。
現代社会はストレスが多いと言われています。皆さんも色彩心理学を使って、ストレスを感じた時に、気になった色で絵を描くと、気持ちがリフレッシュされるかもしれません。

では、日本人が好きなインテリアカラーは一体何でしょうか。
日本人の約4割が茶色系を好むとされています。次いで多いのは白の2割だそうです。
熱帯地方にある国では赤やオレンジ系が好まれますし、寒冷地帯にある国では緑や青系が好まれるのだそうです。
これは自然環境や、そこに住む人々の肌の色や瞳、髪の色も感覚に影響を与えていると考えられるでしょう。
これを考えると、温帯地方に住む日本人が、自分の肌の色に近い中間色を好むのもうなずけます。
畳の色やヒノキの色なども、日本人が最も安心感を抱く色だと言えるのではないでしょうか。
実験でも、筋肉の緊張感をほぐして弛緩させる働きがベージュ系にはあると証明されており、忙しい日本人にとってはリラックスできる色と言えるでしょう。
色彩心理学を学ぶと、こういうことも分かるので、日常生活にとても役立ちますね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。