色彩心理学を利用してお部屋のインテリア作り

とても不思議な力が色にはあると感じたことがありますか。色彩心理学を利用して、生活に役立つ色の使い方や色についての知識をみていきましょう。

赤系の色は暖色と呼ばれ、暖かみがあります。実際に暖かくなるのではありませんが、その色を見ると本当に暖かいと感じてしまうのですから不思議です。
ちなみに紫や緑では温度差をあまり感じないそうです。青系の色は寒色と呼ばれ、寒く感じます。

この暖色・寒色を利用して、より居心地のよい部屋作りをしましょう。
例えば、リビングルームはお客様を一番よく通す場所です。また、家族が団らんする場所でもあります。
リビングルームはみんながホッとすることができる場所にしたいものです。
この部屋は、暖かみのある暖色系を使うのがよいでしょう。ベージュ系やオフホワイトを使用するのもいいでしょう。

しかし、明るい方がいいからと言っても、真っ白な壁は控えた方がいいと思います。なぜなら白は光を反射させる色なので、たくさん使うと目が疲れてしまうからです。
また、照明は蛍光灯ではないといけないということではありませんが、あまり部屋が暗いと目が悪くなる可能性が高くなりますので、リビングにテレビを置く場合は注意してください。
リビングに関しては、この二点を守れば、快適な部屋になるでしょう。

また、カーテンやソファーはパステルトーンの暖色系にすれば、会話も弾む明るい空間となりますし、開放された気分になると思います。
マイナスイオンが出る植物を置くだけでもリラックス効果があり、安らぎの空間になるでしょう。

クッションの色をリビングの色と対照のものを選ぶと、部屋の雰囲気も引き締まりますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

色彩心理学を使うと、その時の気分で部屋の雰囲気を変えることができるのはいいと思います。
色彩心理学を上手に使い、居心地の良い部屋作りを心がけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。