色彩心理学に基づいたピンクの特性

女性ならピンクが好きという女性も多いのではないでしょうか。
ピンクを見るとはしゃぎたくなるような、ウキウキ・ワクワクしそうな幸せな色というイメージがあります。
色彩心理学に基づいて、ピンクにはどのような効果や特性があるのか説明しましょう。

どんな色でも、色彩心理学的に良い面と悪い面の影響を与えるものですが、ピンクに関して言えば、マイナスの面が少ないというのが特徴のようです。

例えば赤の場合は、積極的にさせることができるといういい面があるのに対し、攻撃的になってしまうという悪い面があります。
青の場合は、冷静沈着になれるという良い面に対し、無機質で冷やかな感じになってしまうという悪い面もあります。
ピンクにはそういう副作用のような効果は少なく、平和主義や幸せを象徴する色とされています。
基本的には、人に幸福感を与えるように作用しているそうです。

それと同時に、ピンクは癒しの色、恋愛の色とされていて、恋人同士には最も適した色と言えるでしょう。
恋をすると、ピンクの小物や洋服を身につけたくなるという経験は女性ならあるのではないでしょうか。
また、争いごとを回避させてくれる効果もあるようで、目標に向かって勢いがつきすぎて、周囲に対する思いやりが欠けてしまっていると感じた時や、相手に対して攻撃的になってしまっている時にはピンクを取り入れてみましょう。
そうすることで、優しい気持ちで周りを見渡すことができるようになるでしょう。


また、ピンクは卵巣ホルモンに働きかけて、ホルモンを分泌させ、脳に刺激を与えるのだそうです。
健忘症などのいわゆるボケ防止にも、脳を刺激するという面では役に立つのではないでしょうか。
ピンクに色づけされた食品を見ると口の中が甘く感じたりするのはその効果が表れているからだそうです。
愛情が欲しくなったり、ロマンチックな気分になったりする効果も促します。
ピンクには交感神経を刺激して脳に血液を送るという効果もあるので、疲労の緩和や痛みの軽減、老化予防にも役に立ちます。

色彩心理学を学んで、上手にお部屋のインテリアやファッションに取り入れると、よりよい生活が送れることでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。