色彩心理学の類型論と待性論

パーソナリティの研究は、人間を理解するために色々なことを行われてきました。分類方法の代表的なものには待性論と類型論があるそうです。

待性論は特徴の強弱で個人の全体を捉えることができる方法で、類型論は特徴となる典型的な要素をあげて、数種類のパターンに分ける方法です。

待性論は多くの質問をされ、その人のプロフィールを完成することができるY-G性格検査などが周知されていると思います。

類型論は内向性・外向性を基に8個のタイプに分けたC.Gユングと、性格と体型に一定の関連があることを見出して、その性格特徴と気質で分類したE.クレチマーなどのタイプ論があります。

音楽にもこれと似た原理があるそうで、その人のパーソナリティと同質の色彩を好むことが色彩心理学のテストですから、両者のどちらかには当てはまると思われていったのですが、1つ1つの色について分類することは非常に難しいことだそうです。

ドイツのイエンシュによって生み出された類型論は、色の性格がはっきりとしている赤と青については、分析結果は他の研究とも当てはまりやすいそうです。
しかしその他の色になると、ちょっとした個人差で微調整が難しくて特定のパターンに強引に当てはめることになってしまうので、色のイメージを確定させるのは難しいです。

人格と色の好みについてアメリカの色彩学者達が説明していますが、一般的な話で、色の好みが参考にされているだけで、心理療法やカウンセリングに使用されることはないそうです。
色の性格検査で当てはまる部分はあっても、当たっている部分があったり、そうでなかったりと占いのようなレベルになってしまうのはその為なのではないでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。